お知らせ

今後の予定2019年01月分のツアー予定ついて追記
                                (2018/11/08)
                                                始めの一歩"雪山編雪山でストックを使った方向変換
                          
を追記  (2018/01/08)

項目に個人ガイドについて追加(2017/1/15)

新たにページに"山登り"始めの一歩というコーナーを作成
                           (2015/3/12)

快晴の中巻き道で苦戦した岩殿山

日程  2018年11月10日(土)
ルート 登山口から~岩殿山~稚児落し~浅利登山口
北アルプスに登り隊シリーズの2回目で大月にある岩殿山に行って来ました。
久しぶりの晴れの土曜日だったので少し前の大菩薩嶺の大渋滞が頭をよぎりましたが案の定1時間遅れで登山口に到着。
駐車場が工事車両で一杯だったので素早くバスを降り登山口から階段を登りふれあいの館へ。ここで今日はバッチリ富士山を見ながらのストレッチです。ここから見上げる岩殿山は中々立派です。


イチョウの黄色も天気のせいか一際色が鮮やか。


頂上の陽だまりでランチタイム後,装備を付けて鎖場に向かいます。
鎖場は土曜日でしたが比較的空いていて渋滞も無くまあまあの時間で通過。その後の兜岩が現在通行止めの為巻き道を行きましたが1部滑りやすい急斜面が有り前のグループが渋滞中。
知り合いだったので少しお手伝いをした後、我々も慎重に降りましたが1部のお客様はやや苦戦。また子供連れの一般登山者もいて以外に時間が掛かりました。
更に前進んで有名な稚児落しを越えてから休憩です。写真は休憩した対岸から見た稚児落しです。


ここからあっという間に下山口へ。

※参加の皆様お疲れ様でした。まだ2回目と言う事で思うように身体が動かないお客様も居たかも知れませんが努力すれば必ず上達して上手くなって行きますから一緒に頑張って行きましょう。後は帰りの渋滞も土曜日にしては少なく結構ラッキーでしたね。(^:^)

400段の階段からスタートの石割山

日程  2018年11月07日(水)
ルート 石割神社登山口~石割山~大平山~花の都公園
山中湖の近くに有る石割山に行って来ました。
平日なので少し予定より早く10:00過ぎに登山口に到着。廻りは御覧のように良い色付きです。


このコースのポイントの1つが題名にも書いた405の階段からのスタートです。
しかもこの階段上部で曲がっているためヤレヤレ着いたかなと思わせて置いて更に上に続いています。(@_@)
ゆっくり登ったのと階段の上り方をレクチャーしたので皆さん以外に楽勝か?
そこから少し行くとこの石割神社に到着。石の割れ目を時計回りで3回廻ると願い事が叶うそうですよ。




更にひと頑張りで石割山頂上。ここでランチタイム。本来なら富士山見えるはずなんですかね。最近自分の名前の富士山率低いかも。(^:^;
ここからの降りは歩行練習にはピッタリの斜度ですがまだ習得までとは行かずやや苦戦。
その後アップダウンを繰り返して大平山へ。ここからは富士山は見えませんが山中湖は良く見ることが出来ました。


私の悪い癖が出て講習に熱が入ったせいで少し遅れて15:15に全員元気に花の都公園に下山しました。
参加の皆様お疲れ様でした。意識して歩く事が最大の上達方法です。次回逢う時に上達している事を期待してますからね。

お客様4人との丹沢三山

日程  2018年11月04日(日)~05日(月)
ルート 4日 ヤビツ峠~三ノ塔~塔ノ岳(泊)
     5日 塔ノ岳~丹沢山~塔ノ岳~鍋割山~県民の森

表題にも書きましたが今回は何と4人のお客様と私と添乗員さん2名のスタッフの合計6名のツアーでした。

4日

集合は秦野駅に9:00。参加人数を見てお客様の方がビックリしていたようです(^:^)
2台のタクシーに分乗してヤビツ峠の先の登山口から10:00前に登山開始です。スタートの天気は残念ながら霧雨ですが以外に暖かく直ぐに止んでくれたので結構ラッキーでした。
三ノ塔で本来なら富士山を見ながらの昼食タイムですが残念ながら富士山を見る事は出来ません。
次のポイントの行者ヶ岳の鎖場は、濡れていて少し滑りやすかったですが何と言ってもすれ違いが無いので楽にそして短時間で通過する事が出来ました。
時折雲が上がって来ると中々綺麗な紅葉を見る事が出来ます。


ほぼ予定通りの15:00過ぎに塔ノ岳に到着まずは1座登頂です。


頂上に有る尊仏山荘に宿泊しますが日曜日とこの天気のお陰か登山者が少なく大変ゆったりする事が出来ました。

5日

少し早めの6:45に出発して道中、雲の切れ間からちょっとだけ相模湾が顔を出してくれましたが直ぐに霧の中へ。
丹沢山には8:00到着、これで2座目です。


道標の写真を撮って塔ノ岳に戻り今度は鍋焼きうどんで有名な鍋割山に向って出発。
行く途中の紅葉や落葉樹に癒され12:00前に今回の3座目の鍋割山に登頂。
平日ですがそれなりに登山者はいますが週末とは大違いで並ぶ事も無く5分ほどで食べられました。鍋焼きうどんの後下山ですが今回の下山ルートは県民の森へのコースなので短めなので15:00前には到着。
少しタクシーを待って渋沢駅で16:00に解散となりました。

参加の皆様お疲れ様でした。展望には恵まれず富士山を見ながらの稜線歩きを堪能してして頂く事が出来ず残念でしたが、その分少人数のツアーで皆さんと仲良く歩く事が出来ました。私の記憶では4名のお客様でのツアーは過去に1度有っただけ、良く催行したものでと思います。
会社は大変かもしれませんが私も十分に目も届くしお客様も大変喜んで頂いていた様なのでたまには良いんじゃないですかね。
会社には怒られそうですがまたこんなツアーに旨く当らないかなとちょっとだけ期待してしまいます。(^0^)

快晴の日和田山

日程  2018年11月3日(土)
ルート 日和田山登山口~日和田山への男坂を使ってのピストン

今回は剣岳登り隊と言うシリーズを目指すお客様の事前講習会と言う位置付け日和田山に行って来ました。
高麗駅(こらえき)と言う中々凡人には読めない駅に集合。駅前のかんばんを読んだら何やら高麗人と言う中国の方が沢山ここに住んだのが地名の由来だそうです。

登山口への道すがら無人の野菜販売を冷やかしながら10:00位に到着。(私行きなのに柚子買ってしまいました)
ストレッチを済ませ少し外れた所で掛け替えのチェックをして男坂を目指します男坂では基本の岩場の登り方の勉強をして鳥居の有る景色の良い所でランチタイム。今日は天気も良いので家族連れのハイカーで大にぎわいです。




ランチ後頂上へ何たって標高305mの頂上ですから(^0^)それでも以外に展望は良く新宿の高層ビルなどを見る事が出来ました。
同ルートを下山今度は降り方・トラバース方法を重点に置き何度か繰り返し練習。こちらのお客様は良く足場を確認しているようでした。


14:30位には講習を終えて駅で解散。

参加の皆様ご苦労様でした。今回は基本を重点に講習をしました。何事も基本が大切です。次の鍬柄山は結構な高度感が有る山です。基本を大切にして安全第一でトライしましょう(^:^)

更なる大渋滞の大菩薩②

日程  2018年10月28日(日)
ルート 上日川峠~雷岩~大菩薩嶺~雷岩
     ~大菩薩峠~上日川峠
前回の10月7日に続き大菩薩嶺です。
前日と三つ峠の日と違い今日は全国的に晴れの予想なので天気の心配は無いのですがその分渋滞が心配です。(^:^;
日曜日のお陰で町田市内は順調でしたが中央高速が事故渋滞で登山口には約30分遅れで到着。勿論駐車場は満車です。
現地のトイレで前にご一緒したお客様とバッタリ。山の世界は狭いデスね。
登りだしの気温は多少涼しくても段々上がって来るので途中から私は半袖にそれほど良い登山日よりでした。
約2時間弱で雷岩に到着。こちらでランチタイム、今日のお弁当はこちら。


大菩薩嶺の道標をちっらと見に行き気持の良い稜線歩きのスタートですがこんなに天気が良いのに富士山は顔を見せてくれません。今日は何処かに出張中ですかね。(*^:^*)でも写真の様にとても気持の良い稜線上を歩く事が出来ました。




15:45登山口の上日川峠に下山。路線バスのバス停には長蛇の列が出来ていて増便のバスを待ってい人が沢山いました。



※参加の皆様大変お疲れ様でした。
何たって帰りの高速は30kmの大渋滞で町田には2時間遅れで到着。山中の行動時間が4時間半で往復のバスの乗車時間が8時間でしたから。次回は凄い渋滞に合わない事を期待したいですね(^0^)

予想を覆して快晴の三つ峠

日程  2018年10月27日(土)
ルート 三ツ峠裏登山口~木無山~開運山~裏登山口

富士山の展望台として、またクライミングゲレンデとして有名な三ツ峠に行って来ました。
天気予報は少なくても午前中は雨、雨具の準備・ザックカバーも付けて家を出ましたが中央高速を走行する頃には少しですが晴れ間も出て来ました。
おまけに予報のお陰か土曜日なのに高速は空いています。富士山を見れたら良いな(^:^)
現地には20程早く到着出来ました。紅葉の登山道をノンビリ2時間程で木無山手前の展望所でお弁当タイム。まだこの時点では富士山の頂上を見る事が出来ません。代わりにマユミが沢山有りました。


開運山に向かう途中、私が数え切れない程通い詰めた屏風岩を見ながら歩行技術の練習をして頂上へ。


登山道が丁度整備中、階段ですがもう直ぐ歩き易くなりそうです。頂上からは何と御覧の富士山が顔を出してくれたので皆さん喜んで頂けた様です。


もう1枚は帰りのバス車内から1枚パチリです。




下りも順調でほぼ私の計算通りの時間に到着。

お疲れ様でした。予報より早く回復して快晴の中,富士山を見ながら講習も出来とてもラッキーでした。
帰りの高速も渋滞なしで予定より30分以上早く町田駅にて解散。
今回皆で勉強した事しっかりマスターして最終回の燕岳を皆で登頂しましょう。